パソコンが出だした頃は100万円近くの価格を付けていましたが、今は高くてもその10分の1です。

驚くほど下がっているパソコンの価格
驚くほど下がっているパソコンの価格

パソコンの価格は驚くほど下がっています。

驚くほど下がっているパソコンの価格
ここまでパソコンが安くなるとは思いませんでした。
それに機能がまるっきり違います。
昔のパソコンは今の子供のおもちゃにも及びません。パソコンそのものも驚くほど早くなっています。
また、パソコンそのものの価格も下がっていますが、周辺機器の価格もすごく安くなっています。
プリンターなども発売当初の5分の1ぐらいになっています。
速度も早くなっていますし、第一文字が非常にきれいになっています。
パソコンに関しては、内部の処理速度が非常に速くなった上に、容量も驚くほど大ききく成りました。
初期の頃では考えることも出来ないほどソフト内容が充実しその分重くなっているのですから処理速度も速くするだけで無くメモリなどの容量も高めてやらないと上手く作動しないからでしょうこれがおよそ30年の間にこれだけ変わったのですから驚きです。

最初の頃はハードディスクすらありませんでした。
音声認識でデータのやり取りを行っていたと思います。

テープレコーダーが利用されていました、そのテープレコーダーも今ででは姿を消しています。
フロッピーも5インチのモノを使用していました。
そこに入る量は今では考えるほど少なかっったです、その後3.5インチのフロッピーが出ましたが、少し大きなソフトだと何枚もに分けてコピーをしなければならなかったぐらいです。

ハードディスクが出来、一気に色々な面が変わりました。
その頃から徐々に価格が下がってきたように思います。
最近ではCPUもデュアルコアになり、ますます性能を高めています。
モデルが新しくなる度に、価格は下がり、性能は高くなっていきました。
修理などに出すよりも新しい物を買う方が結局はかなり得な感じです。

これまでなら5年近くは何とか利用できていましたが今では3年を過ぎると少し古い感じになっています。
それだけ進歩が早いと言う事でしょう。そして性能の向上に反比例して価格が安くなるのですから、新しい物を買う方がかなりお得な感じがします。